NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS
 
就業規則の基本条文を、労働基準法・民法等の関連法律条文とともに各条毎に詳細解説!これを読めば就業規則がまるっと分かります。
<< 第4条(監督または管理の地位にある者) | main | 第6条(採用) >>
[-] スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
[総則第5条(規則遵守の義務)

条文例



第5条 会社及び従業員は、この規則及びその他諸規程を遵守し、その義務を履行し、相協力して事業の発展に努めなければならない。


解説


 第5条では、会社及び従業員に求められる規則遵守義務を明示しています。

 労働基準法第2条第2項には「労働者及び使用者は、労働協約、就業規則及び労働契約を遵守し、誠実に各々その義務を履行しなければならない」と定められています。このため、このような条文がなかったとしても、就業規則の遵守義務が経営者側にも労働者側にも課せられています。

この例では、労働基準法上の遵守義務を就業規則の中に明示することによって、就業規則の作成者である経営者として、就業規則を遵守する旨を宣言するとともに、従業員側にも改めて規則遵守を求めています。

検討のポイント



  1. 遵守義務を明文化するかどうかを含め、就業規則上の表現を検討します。



関連法令(労働基準法)


−第2条(労働条件の決定)

労働条件は、労働者と使用者が、対等の立場において決定すべきものである。
2 労働者及び使用者は、労働協約、就業規則及び労働契約を遵守し、誠実に各々その義務を履行しなければならない。
comments(0)
[-] スポンサーサイト
-